ラスクの毎日

猫フード

かかりつけの獣医に「IBDではないか?」と言われて(実際はIBDではありませんでした)から「軟便になりにくい」(=低アレルギー)フードを模索中。
ラスクにあげたご飯をいろいろまとめて書いていこうと思います。

※注意:魚油等の入っている酸化しやすいフードを数時間放置して与えた場合、軟便になりやすくなるようです。
ちなみにラスクは魚アレルギー(魚の内臓・油?にあたる感じです)=ヒスタミン過敏?のため、
魚油の多いフード・魚の入っているフードだとアレルギー症状が勃発してしまうため、魚以外になります 

◆ 一般キャットフード(療法食含む)

(◎:軟便に効果大 ◯:軟便に効果あるがリスク多しor変化なし △:軟便になりやすい ×:軟便になる)

PROCLUB
子猫のための配慮
「まぐろとささみ」
(アイシア)
まぐろ大好きのラスクですが。唯一このアイシアのシリーズと「子猫のための健康缶」だけは、血便になりません(他の魚のモノではよく血便になっています)。このパウチのパッケージはごみが少なくてよいです。また、健康缶より食いつきもよく日本製です。ヘアボールコントロールにトッピングしてあげるとめちゃめちゃ食いつきがよく助かってます。
≪2011年春・夏・秋現在使用中≫
ヘアボールコントロール
アダルト成猫用
(日本ヒルズコルゲート)
季節の変わり目の毛が多く抜ける時期から与え始めました。一度季節の変わり目に軟便がひどくなったため、病院に行ったところ「便にたくさん毛が入っていて便が固まらないようなので、繊維質を多く与えてください」といわれ、一時期サイリウムなどを与えていましたが、ヘアボールコントロールでなんとかなるのを発見。餌自体はあまりおいしそうな臭いはしませんが、これを食べると便が固まるのでこれを最近与えています。1歳以後はだいたい基本食はこれになっています。
≪2011年春・夏・秋現在使用中≫
おなかも健康【ドライ】
(日本ヒルズコルゲート)
療法食でない一般食ですが、ドライでもかなり食いつきがよく他のおなかの弱い猫ちゃん達の評判も良いです。最初のうちは便秘気味になりましたが、(オート麦ファイバーに)慣れると便もスムーズになります。末端まで硬い便です。《ラスク食い飽きのため中止》
w/d 粗挽きチキン入り【缶詰】
(日本ヒルズコルゲート)
r/dのように一度に2日分程の量はでませんが、便秘気味の猫ちゃんにオススメです。便の質は末端まで良好。他の食餌に混ぜても快便効果あり
r/d 粗挽きチキン入り【缶詰】
(日本ヒルズコルゲート)
便の量が初日にビックリするほど異常に増え、2日分ほどでます(うち以外の猫も同様の感想あり)。
便の質は末端まで良好。(初回の便は良いが、2,3日以後、繊維質が多すぎるためか?便の最後が水分の多い軟便気味になる場合もあるので要注意。)
腸管アシスト【ドライ】(IAMS) ◎* これだけでも結構便は固まります(便が固まってる子は多数います)が、たまにすこし便の末端が柔らかくなるときもあります。味が薄いのかどの猫ちゃんにおいても食い飽きてくるのが難点
*療法食なのにビートパルプを使用しているのが私的には難点。材料に関してはヒルズの「おなかも健康」のほうがシンプルかもしれません。ビートパルプ慣れしないために、ある程度便が安定したら「おなかも健康」のようにオート麦ファイバー等のものに少しつづ変えるのがベストかもしれません。

Cat ドライ
(グリーンフィッシュ)
× 末端軟便がひどくにおいが強い=アレルギー発症。「※季節により魚の種類は変わります。」の表示の通り、お魚の種類が安定しないためお魚系アレルギーの子は難しいフードです
インテグラセンシティブ
「七面鳥とポテト」
(アニモンダ)
普通のフードと変化なし
過敏ではない子だと価値がよくわかりません。
ラフィーネドライフード
「牛肉と子羊肉とうさぎ」
(アニモンダ)
便は通常通り・変化なし・安定的。粒が大きいので食べにくい子もいるかも
ラフィーネプティ「ウサギ」
(アニモンダ)
食べ続けると2日で便固まります。(※ウサギとアレルギーも参照)でもウサギ肉自体、腸の吸収が良すぎるのか?腸が健康になりつつある猫ちゃんにとっては便秘になる傾向あり。透明なゼリー状のものがつくことがありますので繊維質が必要です
※これをお水に溶いて電子レンジで15秒チンして、ドライフードを混ぜても有効です。
キトン【ドライ】
(ロイヤルカナン)
× ラスクは2,3粒でアレルギー様症状がでます。吹きつけの魚油で当たる猫ちゃんもいるそうです
基本的にロイヤルカナンの便はクサイです。
※このメーカーは一般食・療法食ともに「BHA」がほぼすべてにおいて含まれているので問題だと思っています。(毒餌扱)
キトン【パウチ】
(ロイヤルカナン)
便の末端が水分の多い軟便・ベースは形はあるがやや軟かい便な感じ。ケミカル臭します。

◆ うちの手作りごはん(半手作り含む)

ラスクオリジナル
固便対策フード(半手作り)
【材料】ウサギ肉(かつお・昆布・野菜で煮出した汁で煮た物)+ウサギ[ラフィーネプティ:animonda](1/4くらい)+腸管アシスト[ドライ]+マグロ[仔猫のための健康缶:アイシア]1/2
【作り方】animondaうさぎ1/4をお湯で溶いて、ウサギ肉のミンチ状のもの、腸管アシストを混ぜます。その上に軽く、マグロをトッピングして出来上がり。(マグロはまぜまぜしてもよいですが)
→食いつきがよく、便の調子も固くよいです。

◆ その他お役立ちサイト

須崎先生のニャンコクリニック 獣医の須崎先生の動画の病気・食物・マッサージいろいろ解説があります。
ひき肉豆ちゃごはんやとろ~り煮干し丼等の猫の手作りご飯の作り方も動画でみられます